contact with LINE App

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

“AUDIO ARCHITECTURE” Exhibition has just started on Jun 29th, 2018.

If you are looking for art in Roppongi, Tokyo, I highly recommend to go to 21_21 DESIGN SIGHT.Musician Keigo Oyamada (Cornelius) has written a new music “AUDIO ARCHITECTURE” for this exhibition; it is interpreted from nine artists into video works. 2121 DESIGN SIGHT official page

2018年6月29日から開催されている「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」に行ってきました。個人的にとても貴重な体験が出来たので、ぜひ多くの人に体験していただきたい展覧会なので、見どころをお伝えさせていただきたいと思います。

前もって知識を頭に入れて観て体験していただけますと、より一層楽しめる展覧会です。

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」とは

1人のアーティストによって作られた1曲をもとに9組の作家によって作られた映像を観ることができる展覧会です。また空間の作りかたにも工夫がされているため、音楽、映像、空間が一体となって体感できる「音楽建築空間」です。

音楽について

今回の曲『AUDIO ARCHITECTURE』はミュージシャンの小山田圭吾氏(Cornelius)がこの「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」のために書き下ろしました。

学生時代、私はよくコーネリアスのCDを聞きながら課題をしていましたので個人的に思い入れがあり、今回の展覧会を楽しみにしていました。外国にもコーネリアスのファンは多く親しまれているので、聴いたこと無い方は、ぜひ他の曲も聴いてみてください。

映像について

映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなど様々な分野から9組の作家が表現しています。それぞれ全く違う映像なので、同じ音楽が流れていても感じ方が全然違いました。どれも斬新なデザインで刺激を受けました。

空間とグラフィックデザインに関して

空間は、空間デザインで有名なWonderwallの代表である 片山正通氏が、グラフィックデザインは北山雅和氏(Help!)が手がけています。

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」のまとめ

何回リピートしても中毒性のあるサウンドとそれにリンクしたビジュアルがたまらなく心地よい空間です。10月14日(日)まで開催していますので、ぜひ足を運んでみてください。火曜日が定休日なのでお気をつけください。

詳細

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」
会期:2018年6月29日(金)〜10月14日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
開廊時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
閉廊日:火曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください