違和感も直感?

先日、うまくいかないプロジェクトがあり、最終的に失敗してしまったことがあります。

詳しい内容は言えないのですが、始まりから終わりまで、常に感じていたことがあります。

それは「違和感」です。

しかも、「違和感」という感覚は人に言われるまでちゃんと気づかなかったのです。

プロジェクトが終わりに近づいた頃、上司から言われ気付きました。

「違和感にきづいていますか」

私の場合、そもそも、それが違和感だと言うことにも全然気付かなかったです。

何かしっくりこないなぁ、とは感じてはいたのですがなんとなく気になっただけでやり過ごしてしまいました。

少しでも立ち止まらせるチャンスを与えてくれた場合、違和感はそれが本来進む道ではないと言うことを気づかせてくれているのです。

このアドバイスをいただいた翌日、私がオラクルカードを引くとまさに、違和感に関してのカードが出てきました。そしてメッセージを受け取りました。

目次

違和感を感じたら

違和感に向き合わずやり過ごしてしまうと、ハイヤーセルフや、高次元の存在たちは、あなたに気づいてほしくて、さらなる違和感を与えます。その違和感を無視し続けると、やがて大きな出来事であなたを立ち止まらせようとします。

違和感を感じているということは、あなたの直感が働いています。ただ、あなたは自分の直感を信じることができていない場合、完全に立ち止まることはできないのです。あなたの魂がNOと言っているという意味です。

なので、まずは自己愛や、自己信頼を取り戻しましょう。

自分を愛し、自分を信頼し、自分の価値を認めるためには、あなた自身にとことん向き合う必要があります。

あなた自身に向き合う方法

よく知られている方法としては瞑想があります。瞑想は、意識を自分自身に向ける時間です。普段生活している中で、あちこちに散らばった自分の意識を、自分の内側に戻していきます。そして内観していきます。

内観しているときに、あなたの感情に注目してみてください。あなたは今どんなことを感じているでしょうか。もしそれが、あまり向き合いたくないことだったとしても、向き合う必要があります。

しっかりと向き合い、不要な感情を感じきることで、その感情を手放すことができます。あなたの中に不必要な感情やエネルギーを見つけたとして、見てみるふりをしてしまうと、その感情やエネルギーはあなたの中に残り、手放すことが難しくなってしまいます。

自己愛や自己信頼を取り戻すことで、直感力もつくため、ハイヤーセルフや高次元からのメッセージに気がつきやすくなり、本来あなたが進むべき道に進みやすくなり、生きやすくなります。

直感力をつける

直感が鍛えられると、一瞬一瞬の選択がしやすく、生きやすくなります。

私たちの人生は選択の連続ですが、〇〇したいという選択を続けることで直感力は鍛えられます。〇〇したほうがいいという選択は外部からの情報で思考が働いた選択になります。

思考が働いている時はこんな時です

  • レストランでメニューを決めるときに、本当は食べたいものがあるのに、そのメニューだけ高いので、別のメニューを選んでしまう。
  • 夜ご飯のメニューを決めてからスーパーに行ったのに、レシピとは関係の無い食材の価格が安いので、メニューを変えてしまう。
  • 洋服屋さんで、明るいピンクの洋服が目に入ったのに、他の服との合わせやすさを考えて、グレーやネイビーなどの無難な色を買ってします。

何かを選択するときは、一番初めにコレだ!と思ったものを選び続けると、あなたの直感は鍛えられます。

違和感についてのまとめ

違和感は直感です。直感は本当のあなた(ハイヤーセルフ)があなたらしい生き方ができるように送ってくれるサインです。あなたの直感を信頼して、あなたらしい心地の良い選択をしていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Weekend Photographer:
Sachiko Akimoto attended and graduated from Academy of Art University, San Francisco in 2006 with a degree in interior architecture and design. She has been a buyer of furniture for a retail store in Japan. In recent years, she has been focusing on taking pictures of architecture, interior design, and city scape with appling her knowledge.

目次